プログラム

【対談】日米同盟・その期待と課題

2月3日、アンジェレラ氏をお迎えして、アジア太平洋地域の平和と安全を確保する為の日米防衛協力の現状と展望についての対談を行いました。大勢の方々が出席されたことからも、本対談に対する関心の高さがうかがえました。
対談は、藤崎会長からの中国の台頭について、北朝鮮の核兵器開発も含んだ軍事増強についてアジア太平洋地域に関連してアンジェレラ氏のご意見、新しい日米防衛協力のための指針と集団的自衛権に対する日本政府の見解が変わったことに関する期待についてのご質問から始まりました。
また、藤崎会長は普天間基地移設問題や在日米海兵隊の役割と任務についてもご質問なさいました。これらの質問に対して、アンジェレラ氏は簡潔に在日米軍の見解やご自身の考えを交えつつお答え下さいました。
その後はアンジェレラ氏と参加者の方々との質疑応答に移りました。多くの方々からアンジェレラ氏に対して質問が出されました。多数国間でのアジア太平洋防衛、沖縄における在日米軍の活動、サイバー問題や宇宙に関する日米協力など質問は多岐にわたりました。これらの質問に対して、アンジェレラ氏は明快にご回答下さいました。

 

インターン(記)