プログラム

White & Case x AJS 特別講演「バイデン新政権の対アジア太平洋政策と日米関係」

AJS 月例会 バナー (12)

 

2月24日、日米協会法人会員であるホワイト&ケース法律事務所殿との共催で特別講演をオンラインで開催、約160名が参加した。パネリストとして、慶應義塾大学名誉教授、東京都公立大学法人理事長の島田 晴雄氏、元米国大使でGlobal Strategic Associates, LLC会長兼CEOのポール・スペルツ氏、日米協会から藤崎会長が登壇した。対談では、新型感染症による経済的打撃から回復するための日米協力関係のあり方、バイデン政権下に於ける米中関係や日本が取るべきスタンス、更に今後の日米関係の中でも特に菅総理とバイデン大統領はどのような関係を築くことが出来ると思うかについて、登壇者から意見が述べられた。引続き参加者との質疑応答では、軍事、貿易、北朝鮮や、バイデン政権の内情などが取り上げられ、登壇者からは率直で洞察力に溢れた見解が示された。

 

~パネリスト紹介~

◆島田 晴雄 氏(慶應義塾大学名誉教授、東京都公立大学法人理事長)

◆ポール・スペルツ 氏(Global Strategic Associates, LLC会長兼CEO、元米国大使・アジア開発銀行理事、中国人民共和国担当の米国財務長官特使)

◆藤崎 一郎 氏 (一般社団法人日米協会会長、元駐米日本大使)

 

20210224-photo

 


プログラム名:W&C x AJS 特別講演「バイデン新政権の対アジア太平洋政策と日米関係」

日 程:2021年2月24日(水)

時 間: 午前8:30 – 午前9:45 ※8:20受付開始

方 法:Zoom Webinar(オンライン)

 

言 語:英語・日本語(同時通訳あり)

参加費:無料

対 象:日米協会会員・ホワイト&ケース法律事務所会員

 

一般社団法人日米協会