プログラム

Visit & Study Japan Grant Program 2019

100周年記念事業のひとつであるVisit & Study Japan Grant Program(VSJ)の奨学生5名が選ばれ、今回はコロンビア大学大学院で日本の現代史を勉強しているジェームズ・ゲリンチェンさんとヴァージニア大学で東南アジアの勉強をしているメアリー・ウィルクスさんが事務局に来られ、研究テーマの説明や滞在中の抱負を述べられた。

 

ジェームズさんの研究テーマは、“「帝国」と「国民国家」との狭間にて:華南と東南アジアにおける「台湾籍民」と日本帝国南進論の展開、1895-1950”“Between Empire and Nation: Taiwanese Settler-Migrants and the Making of Japanese Empire in South China and Southeast Asia, 1895-1950”、メアリーさんは”カンボジアで活動するNGOの連携体制からみる米・日・韓比較” “From Global Field to Development Chains: Comparing NGOs from Japan, South Korea, and the U.S. in Cambodia.”で、滞在中はインタビューや資料研究などする予定です。

 
ジェームズさんは、7月23日(火)に、メアリーさんは8月8日(木)に日米協会事務局内で報告会を実施予定です。ぜひご参加ください。

 

IMG_20190708_120716

Ms. Mary-Collier Wilks, Department of Sociology, University of Virginia

 

IMG_20190710_153033

Mr. James Gerien-Chen,  Department of History, Columbia University