プログラム

Visit & Study Japan Grant Program 2018 受賞者による報告会

100周年記念事業のひとつ、Visit and Study Japan(VSJ)2018年度奨学生2名が日米協会オフィスで報告会を行った。

 

〇2018年10月2日(火)

ハーバード大学院で音楽を専攻し、自身もプロのピアニストとして活躍しているMr. Daniel Waldenさんの研究テーマは、「日本人キーボード発明者・田中正平の研究」。日本人にとってもあまり馴染みのない人物だが、独自の視点で堀下げていた。
10/2/2018

Visit & Study Japan Grant Program (VSJ), one of our centennial commemoration programs, supports five American graduate students who are studying Japan or Japan-U.S. relations. Mr. Daniel Walden, a PhD Candidate and Presidential Scholar in Music Theory at Harvard University, gave a presentation about his research in Japan. Mr. Walden has been investigated a Japanese music theorist Tanaka Shôhei who invented keyed musical instrument for just intonation.

 

IMG_33172

 

 

〇2019年4月3日(水)

カリフォルニア大学院サンディエゴ校で人類学を専攻しているMr. Dylan Hallingstad O’Brienさんの研究テーマは、「Macrobiotics 日本食、長寿の研究」。桜沢如一氏によって提唱されたマイクロビオティックスの哲学がどのように日本社会や文化、生活の中で繋がっているかを調査し分析していた。

 

4/3/2019

Mr. Dylan Hallingstad O’Brien of the Anthropology, University of California, San Diego is also the one of the VSJ recipients and he reported his further findings on his research subject about macrobiotics and Nyoichi Sakurazawa, a founder of the macrobiotic diet.  Mr. Dylan found how everything in Japan is connected to Sakurazawa’s philosophy of macrobiotics.

 

 

sdr