プログラム

The Third Next Generation Roundtable in Tokyo (2018-2019)

2019年1月9日(水) 19:30~21:00、日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)の事務局長であり日米協会会員のマシュー・サスマン氏をゲストスピーカーとして迎え、「グローバルリーダーを考える」をテーマに、今期3回目のNGRTミーティングが六本木ヒルズクラブにて開催された。前半では、影響力のあるグローバルリーダーに必要な要素について議論がされ、参加者たちはグローバルリーダーとして尊敬する人物とその人物の特徴を共有したのち、彼らに共通する要素を考え、また政治、宗教、ビジネスなど様々なフィールドにおけるリーダーについて、その影響力の源泉を話し合った。後半は、グローバルリーダーとして解決すべき世界規模の課題について、テーブルごとに熱い議論が行われた。教育や社保険医療、ジェンダー問題など、解決に時間を要するが、これらの課題を解決することの重要性を改めて考える会となった。

 

The 3rd NGRT of the 2018-2019 season was held on Wednesday, January 9 in Roppongi Hills Club, inviting Mr. Matthew Sussman, the Executive Director of the Japan-U.S. Educational Commission (Fulbright Japan) as a speaker. Having a main theme of “Thinking as a global leader”, hot discussions were held at each table. In the first half, discussions were made on elements necessary for influential global leaders. Participants shared the global leaders that they admire the most from various fields such as politics, religion, business, etc., and then considered the elements that each leader have in common. After sharing each table’s ideas, the discussion moved on to the 2nd topic “The biggest global issues to be solved, and how to solve those issues as a global leader”. The participants brought up problems that require certain time to solve such as education, healthcare, gender issues, and more. It became a great opportunity to rethink the importance of those long-term problems, and share ideas.

 

sdr

mde