プログラム

JAXA筑波宇宙センター見学

2019年6月28日(月)に宇宙航空研究開発機構(JAXA)様のご厚意により、筑波宇宙センターの見学会を実施した。

展示館のスペースドームでは、人工衛星を用いた地球観測についてご説明頂いた。気候変動の分析は国際協力に大きな役割を果たしており、他にも災害時の被害観測など様々な役割を担っていることを学んだ。また有人宇宙開発の分野では特にISSの日本実験棟「きぼう」で行われている実験について詳しく伺うことができた。その後、研究開発エリアや宇宙飛行士養成棟の一部をご案内頂いた。
さらに宇宙飛行士でもある若田光一理事とお話しする機会を頂き、学生インターンからは宇宙飛行士のリーダーシップや宇宙分野の国際会合など様々な質問が挙がり、有人宇宙開発の魅力を知る貴重な機会となった。

 

The AJS members visited Tsukuba Space Center through the kindness of Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA).
First, we visited the exhibition hall and had an explanation of earth observation by artificial satellites. They play an important role in global cooperation by observing the climate change and used in damage observation when disaster happens. We also learned about human space flight, especially about the experiments at the ISS module “KIBO”. Then we were guided to the area of R&D and astronauts training.
At last, we had a chance to talk with Dr. Koichi Wakata, the vice president and astronaut of JAXA. He answered some questions from student interns such as leadership of astronauts and international conference of space. It was a valuable experience to find the attraction of human space flight.

 

IMG_20190628_155723

dav