プログラム

9th Meeting of The Next Generation’s Roundtable in Tokyo

2020年7月15日に次世代ラウンドテーブル(NGRT)3期の第9回目のミーティングがZoom会議を使用してオンライン上で開催された。今回は、英キングス・カレッジ・ロンドン教授で研究所長の渋谷健司先生にスピーカーとしてお越しいただいた。渋谷先生は、公衆衛生学が専門でWHO事務局長の上級顧問も務めており、今まさに世界の第一線で活躍されている。今回は、「新型コロナウイルス感染症」をテーマに、その感染症の特徴や危険性についてや、各国での対応と感染状況に対する考察、そして第ニ波が来る可能性や今後の予測について詳細にお話いただいた。日本のメディアを通してでは得られないような情報をグラフなど用いて英語でご説明いただき、参加者一同大いに学ぶことができた。お話によると、今後第二波が来てさらに深刻化するという見方も出ており、世界全体で集団免疫が成立して安心できるのはだいぶ先になるそうだ。講演の後、日米の参加者からは多くの質問が出て、大変丁寧な解説を頂いた。国際的なトップの研究者の知見を得ることができ、大変貴重な機会であった。

 

The 9th meeting of the third round of the Next Generation Roundtable (NGRT) was held on July 15, 2020. The event was held online using the Zoom conference. The guest speaker was Dr. Kenji Shibuya, Professor and Director, University Institute for Population Health at King’s College London. Dr. Shibuya specializes in public health, and he was appointed as Special Advisor to the Director-General of the World Health Organization on health metrics and systems.

He gave us a lecture on the COVID-19 in three points: 1) characteristics of the virus compared to the other infectious disease, 2) the world response and some factors that made difference, and 3) possibility of the second-wave and the future direction. He explained to us in English, using graphs and other materials, information that cannot be obtained through Japanese media. According to him, there is a theory that the second wave is coming and it will be more serious in the future. After the lecture, the participants asked many questions and received very detailed explanations. It was a very valuable opportunity to gain knowledge from a top international researcher.