プログラム

7th Meeting of The Next Generation’s Roundtable in Tokyo

2020年5月12日に次世代ラウンドテーブル(NGRT)3期の第7回目のミーティングがZoom会議を使用してオンライン上で開催された。今回は、NHK衛星放送・CNNの同時通訳者として知られる鶴田知佳子先生にゲストスピーカーとしてお越しいただいた。鶴田先生は東京外国語大学名誉教授、東京女子大学の教授をされており、日米協会の理事でもある。今回のテーマは「日本の英語標識」について、日本にある英語の案内や指示が訪日観光客や日本語がわからない人への助けとなっているのかについて議論した。鶴田先生のプレゼンテーションでは、日本の街中で見かける英語の案内やポスターを例に、意味が伝わらない英語や文脈に合わない表現が使われているケースについて紹介された。小グループに分かれての議論では、日米の参加者が日本の英語標識をめぐる現状の問題と企業ができる方策について意見交換をした。その中で、これは日本人の英語力の問題というよりも英語訳をする過程における問題であるという意見も出た。日本の英語標識を今後さらに改善していくための方法について考える良い機会となったようだ。次回6月のNGRTもオンラインにて開催予定。

 

 

The 7th meeting of the Next Generation’s Roundtable in Tokyo (NGRT) was held on May 12th, 2020, using Zoom video conferencing. We welcomed Prof. Chikako Tsuruta, a renowned conference interpreter and broadcast interpreter with CNN and NHK. She is also a Professor Emeritus at Tokyo University of Foreign Studies and a Professor at Tokyo Woman’s Christian University. Furthermore, Prof. Tsuruta is a director of the America-Japan Society.

The theme for the 7th meeting was “English Signs in Japan -Are they helping communication?”, proposed by Prof. Tsuruta’s presentation with several examples of oddly worded English on the signage in Japan. In a group discussion, American and Japanese participants shared their ideas if the English signs in Japan leads miscommunication with foreigners, and how Japanese companies and organization can improve non-communicative signs. Participants also realized that the issue of English translation is not just about lack of linguistic ability but it is more likely to be caused in the process of translation. It was a fruitful session in that the participants could discuss further solutions for problematic English signs and documents in Japan. The next meeting in June is going to be held at Zoom again.