プログラム

6th Meeting of The Next Generation’s Round table in Tokyo 2020-2021

2021年4月28日に次世代ラウンドテーブル in Tokyo(NGRT)第4期第6回目の会合がオンラインで開催された。今回は、国連難民高等弁務官事務所UNHCR (United Nations High Commissioner for Refugees)駐日代表のカレン・マドレーヌ・ファルカス氏をお招きした。ファルカス氏はUNHCRで35年以上の経歴を持ち世界各地の難民支援の現場で勤務経験を積まれた上でジュネーブ本部監察官などを歴任、昨年より日本に着任されている。ファルカス氏はUNHCRと難民の現状、特にパンデミック下でより困難となっている支援の状況などを概説の上、国際支援体制強化に向けた施策、日本がなすべき貢献などについての議論を行った。欧米に比べややもすれば難民問題から生ずる影響を直接的影響の少ない日本に住む我々にとって責任ある先進国としてこの喫緊且つ重大な課題に取り組むべきかを考える機会を得られたセッションとなった。

image0