プログラム

2月プログラム 大宅映子氏講演会 

2019226日ホワイト&ケース法律事務所にて、評論家で多くの著作があり、テレビでも活躍されている日米協会個人会員の大宅映子氏をお招きし、「今、考える事」と題し今の世相について講演いただいた。切れ味鋭い批評とウィットに富んだ言い回しに、会場は魅了された。後半は参加者とのQ&Aの時間を設け、あっという間の一時間だった。大宅氏は今後の日本の課題として、「違いを認めること」をあげられ、金子みすゞの“私と小鳥と鈴と”を引き合いに、違いを認め合い、それぞれの違いを生かしていくという社会になることを期待すると述べられ、講演を締めくくられた。

 February lecture program by Ms. Eiko Ohya

AJS invited Ms. Eiko Ohya, an active commentator on TV Show, who gave us her thoughts on the current social phenomenon which her keen criticism and witty phrases. One-hour lecture was held the conference room of White & Case LLP with Q & A part. She closed the program that it was essential for future Japan to recognize the difference and make the beat of each.

 

IMG_4951