プログラム

講演会「アメリカと私~私がアメリカから受けた沢山の恩恵」

日本を代表する音楽評論家であり作詞家の一人で、日米協会会員の湯川れい子さんを2月の月例会にお招きし、音楽や米国について語っていただきます。湯川さんの歌詞は、短い中にも心に響く物語として完成されたものが多く、素晴らしい作品ばかりです。作詞だけでなく翻訳も手掛ける多才の持ち主であり、往年のラジオDJのファンだった方も多いのではないでしょうか。 この機会に是非ご参加ください。

 

講演:   湯川 れい子氏

 

プロフィール: 東京都目黒で生まれ、山形県米沢で育つ。ジャズ評論家としてデビュー後、ラジオのDJでも活躍し、早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広めるなど、独自の視点によるポップスの評論・解説を手がける。また、作詞家としては、代表的なヒット曲に 『涙の太陽』、『ランナウェイ』、『ハリケーン』、『センチメンタル・ジャーニー』、『ロング・バージョン』、『六本木心中』、『あゝ無情』、『恋におちて』など多数。

        

日時:   2019年2月12日 (火)    

14:00  受付開始   

14:30-15:30 (講演とQ&A)

15:30-15:40 (名刺交換)        

                                  

場所:   ホワイト&ケース法律事務所 会議室

千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館26階

JR「東京駅日本橋口」から1分 当日は1階にて受付後、26階へお越しください。

 

用語:   日本語(英語の同時通訳を予定)

 

参加費:  (当日26階受付でお支払下さい)  

¥1,000 (会員)  

¥3,000 (会員ゲスト)  

無料(学生会員)  

¥500(学生会員ゲスト)

                           

締切日: 2019年2月5日(火) 先着100名様 (満席の場合のみ、その旨お知らせします。

 

申込み方法: 下記の申込み欄にご記入の上、協会事務局までFAX、Email(program@ajstokyo.org)

または郵便にてご返送下さい。電話による申込み及び当日の受付けは致しません。

 

* 今回もホワイト&ケース法律事務所のご厚意により会議室をご提供頂きました。 

 

<法人会員各位> 法人会員代表者としての登録がされていない方でも、貴社内でこのプログラムに関心のある方はメンバー料金で参加いただけます。