プログラム

第2回金子堅太郎賞授賞式

10月24日、第2回金子堅太郎賞の授賞式が国際文化会館で行われました。藤崎会長からのお祝いの言葉ののち、選考委員会の斉藤委員長、大橋委員、国谷委員から受賞者であるピッツバーグと福岡の医療看護分野の交流に寄与されたDr.South-Paul、広島とハワイを野球で結んだ葉佐井様に賞が授与されました。受賞者のお二人を紹介するスライドに続き、それぞれの経験及び今後の日米友好関係への貢献への意気込みについて感動的なスピーチがありました。また特別講演ではGlassman米国広報・文化交流公使から日米の学生交流に関する講演をいただきました。その後のレセプションでは茂木選考委員の乾杯のあと和やかな歓談がありました。

 

On October 24th, the second Kaneko Award Ceremony was held at International House of Japan. After congratulatory remarks from President Fujisaki, Dr. South-Paul, who contributed to exchanges between Pittsburg and Fukuoka in the field of nursing and medicine, and Mr. Hasai, who united Hawaii and Hiroshima through baseball, received the award from selection committee members、Mr. Saito, Mr. Ohashi and Ms. Kuniya. After photo slides to introduce them, the two winners told moving stories about their experiences and their will to make further contribution for the US-Japan relationship. Then Ms. Glassman, Minister-Counselor Public Affairs of the US Embassy gave a speech on Japan-US youth exchanges. After the ceremony, reception was held. Following selection committee member Mr. Mogi’s toast participants enjoyed meeting each other over meal.

 

受 賞 者 :Dr.Jeannette E.South-Paul氏 

       (ペンシルバニア日米協会推薦:医療・看護面での永年に亘る日米協力関係構築に貢献)

       葉佐井博已氏 

       (広島日米協会推薦:広島大学名誉教授。広島とハワイの大学生野球交換に永年貢献)

 

DSCF1803

DSCF1823

DSCF1949