プログラム

次世代ラウンドテーブル in TOKYO (NGRT)  第4回目

日米協会の次世代ラウンドテーブルは在京米国大使館のターナー書記官を招いた。同氏は米国大統領が来日する場合、大使館はホワイトハウスや国務省という米側と日本政府の間で日程づくりや共同声明づくりをどのように行うかを話した。予測していなかった問題が起きた場合どう対処していくか問題提起しながら聴衆をたくみに引き込んだ。40名ほどの40歳以下の日米の参加者は六つのテーブルに分かれ英語で熱心に1時間議論した。

IMG_1393

IMG_1365

IMG_1371