プログラム

対談プログラム「これからの日米関係」

2019年1月29日、「これからの日米関係」というテーマのもと、ジョセフ・M・ヤング米国大使館首席公使との質疑応答をホワイト&ケース法律事務所において行った。
まず北朝鮮・中国・物品貿易協定を中心とする日米関係の3つについて藤崎会長から質問があり、ヤング公使による示唆に富んだお話を頂いた。
これに引き続き、質疑応答においても12名に上る参加者からの質問にヤング公使は丁寧に答えられた。日韓関係や日露関係等国際政治から米国国内情勢、広報文化外交に至るまで、多岐にわたる質問が飛び交い、活発な意見交換の場となった。
特にヤング公使があらゆる側面で日米協力関係の重要性を訴えていたことが印象的であった。国際政治、経済、人的交流すべてが繋がって揺れ動く国際情勢の中で、日米関係は今後も双方の国にとって、また国際社会にとって、欠かすことのできない関係として発展させていく必要があるだろう。

 

America Japan Society held January Dialogue Program “Future of U.S-Japan Relations” on January 29th at the conference room of White & Case LLP. We welcomed Mr. Joseph M. Young, Deputy Chief of Mission from the U.S. Embassy and Mr. Ichiro Fujisaki, President of the America Japan Society moderated the dialogue.

Mr. Fujisaki casted three questions respectively on North Korea, China and US-Japan relations especially about Trade Agreement on Goods, and Mr. Young elaborated on these topics. In Q&A session with participants, Mr. Young kindly responded to a dozen number of questions from international relations on Russia-Japan relations to the U.S. internal politics and public diplomacy.
It was impressive that Mr. Young emphasized the importance of the cooperation between the U.S. and Japan in a wide range of issues. Amid the current complex international affairs, where all spheres of relationships such as politics, economy and culture are connected, the development of the amicable U.S.-Japan relations must be indispensable.

 

IMG_4745