プログラム

宇宙・夢・そして日本とアメリカ ―宇宙飛行士になって感じたことー

2月4日の新春プログラムでは、宇宙飛行士の山崎直子氏に講演していただきました。山崎氏のプレゼンテーションの前半では宇宙飛行士になったきっかけからNASAでの経験アメリカとのつながり、そして今後の宇宙開発など興味深いパワーポイントと共にわかりやすくお話しいただきました。後半、120人を超える参加者の皆さんから質問の時間が設けられ、宇宙の観点から見た国際関係や宇宙飛行士としての働き方など、広範にわたる話題に丁寧に答えてくださいました。 誰しも夢見るしかし遠い存在の宇宙が参加者にとって身近に感じられるプログラムとなりました。

インターン(記)