プログラム

お仕事座談会「ーアクセンチュア株式会社顧問 川端章夫氏(日米協会評議委員)に聞くー」

11月30日(火)日米協会評議員の川端章夫氏をゲストスピーカーとしてお招きし、「アクセンチュア株式会社顧問 川端章夫氏(日米協会評議委員)に聞く」というテーマで、日米協会学生会員を対象としたオンラインセッションを開催した。

川端氏は、株式会社東芝で、技術職としてキャリアをスタートし、後に英国、ドイツ、シンガポールの現地法人社長を歴任された。現在は東芝を退職され、アクセンチュアの顧問やIT関連ベンチャー企業の監査役をお勤めになられている。そんな独自のキャリアを歩まれた川端氏から、技術職からマーケティング職へ転身のきっかけとなった米国スタンフォード大学での留学経験、キャリアの軸であり続けた半導体ビジネスに関して、さらにITコンサルタントとして活躍するための秘訣、監査役の視点からみたベンチャービジネスの成功要因等、多岐に渡る講話をいただいた。参加した学生からは、女性のキャリアや半導体ビジネスの今後の展望について等活発な質問があり、具体的な内容まで丁寧にご回答をいただいた。学生が自身のキャリアを考える大変貴重な機会となった。