プログラム

【対談】TPPで日本はどうかわるのか

日米協会の12月度プログラムに大江博内閣官房審議官をお招きしました。
大江審議官はTPP首席交渉官代理として最前線にて交渉を担当。TPP交渉の経過や苦労話、協定の内容について参加者と対話を行いました。はじめに藤崎会長から提起した質問に対して回答を頂いた後、オフレコベースで参加者と忌憚のない対話が行われました。80名近い参加があり、大江審議官のお話を通してTPPに対する理解が深まりました。

 

インターン(記)