日米協会からのお知らせ

AJSインターン生 留学体験記③ 矢矧有香

こんにちは。

日米協会でインターンとしてお世話になっております、慶應義塾大学法学部政治学科の矢矧有香と申します。

私は現在、アメリカのヴァージニア州にあるウィリアム・アンド・メアリー大学で交換留学をしています。専攻である政治学をより多面的に理解したいと思い、リベラルアーツに力を入れている大学への留学を決意しました。

 

IMG-9939

 

こちらの授業は、ディスカッションが中心であるため、積極的な発言が求められます。また、一つの授業につき毎回100ページ以上のリーディングが課されるうえ、頻繁にテストやエッセイがあります。課題が多く大変ですが、クラブ活動もする時間があり、主にアルティメットフリスビーと手話クラブに所属しています。

 

私は、小学校6年間をアメリカで過ごした帰国子女です。そんな私がなぜ、留学を決意したのか。それは、もう一度自分が育った場所に戻ることで私なりの新たな発見があるのではないかと思ったからです。

 

実際、たくさんの気づきがありました。それらは、

①いろんな人に支えられてきたからこそ今の自分がいる

幼少期の私は、人一倍人見知りでした。そんな私を優しく迎えてくれたのが周りの人たちでした。シャイなうえ言葉も通じないのに、みんなが積極的に話しかけてくれたおかげで、次第に打ち解けることができ、自分からも積極的に人と接せるようになりました。今の自分がいるのも、幼少期に関わった人たちがいたからです。

留学して久しぶりにその感覚を思い出しました。なかなか最初から積極的に話せない自分がいましたが、そこでも周りは優しく毎回話しかけてくれました。また、周りのやさしさに救われたのです。毎回優しくしてもらえるほどのことをしていないのに。しかし、大事なのはそこではありません。同じ空間で同じ時間を過ごしている。それだけでもう仲間で、仲間は支え合う。人は周りのサポートがなければ大きく飛躍できません。自分も支えられてばかりではなく、支える側にならなきゃ、そう強く思うようになりました。

 

②その場にいる限り、何かを提供しないと

日本人が話し合いなどで集まる際、私は積極的に発言し、場を盛り上げようとしていました。しかし、アメリカだとみんなが発言します。そのため、最初に発言したこと自体には大した価値がないのです。大事なのは、その発言の内容です。自分がその場にいることでどのような新しい価値や視点を提供することができるのかが重要になります。せっかく違う国から来ている留学生なので、提供できるものは多いと思います。それは一体何なのか、その場で適切なのは何なのか、そういうことを日ごろから凄く意識するようになりました。

 

③距離など関係なく繋がりは強くなる

留学して新しい出会いもあり、毎日が刺激的です。しかし、そうした生活を送っていても、留学する前からの友達はやはり特別なものです。離れていても毎日連絡を取り、小さな出来事から不安まで共有し、お互い支え合っています。距離など関係ないと実感しています。むしろ、離れていてもこのように支え合っているため、絆は深まり、強くなっています。留学は、新しい輪を広げさせてくれるだけでなく、昔からの友達、同じ時期に留学し、似た経験をしている同志たちの仲も深めさせてくれました。

 

留学では、人と人の繋がりの大切さを実感し、その繋がりをより強いものにできるような存在になりたいと強く思うようになりました。私には何ができるのか、何が必要なのか、自分について深く知ることができたので、それを今後に活かしたいと思います。

 

IMG_9510

 

IMG-9426

 

IMG-1114

 

IMG-1461

 

Yuka Yahagi

 

This is Yuka Yahagi, a student intern at the America-Japan Society. I am a rising senior majoring in political science at Keio University.

Since August 2017, I have been studying abroad at the College of William and Mary in Williamsburg, Virginia. My main motivation for studying abroad is to get a wider perspective on politics and decided to study at a place where it emphasizes the importance of liberal arts.

A lot of effort must be put in each class as most of them are discussion-based and students are actively expressing their own ideas. Also, there is about 100-page reading assignment per class with frequent essays and test. Though they are time consuming, I do have time to do some club activities. I mainly participate in the Ultimate Frisbee and ASL club.

People frequently ask me this question: “Why did you decide to go on an exchange program?” I spent my childhood here in America and thought that I can make new discoveries by going back to the place where I grew up.

 

After spending eight months here, I have made new findings, and they are:

①I am who I am because of the people around me

When I was young, I was really shy and wasn’t much outgoing. However, it was those around me that helped get out of my small comfort zone. Though I was shy and could not even speak English, people actively spoke to me. It was because of this that I was gradually able to participate and start talking to others. I am who I am because a lot of people helped me.

 

When I came here as an exchange student, I felt the same way I did the first time I came to America. I was not able to actively talk to people from the beginning, but then again, people around me welcomed me in. Every time someone came up to me, I thought to myself, I never did anything to deserve such kindness. Yet, I came to realize that is not the point. We are people sharing the same time, place, and experience and that fact brings us together. After all, no one person can do something big without the help of others. Now is my time to start supporting others.

 

②Providing something new

When I was back in Japan, I would actively speak out and be the first one to talk to start off a discussion. On the other hand, people in America are more likely to be eager to speak out. Therefore, the fact that you were the first one to state your own opinion does not have much value. What is important is the context of the statement. How can I provide something new to the group is what needs to be in mind as the discussion goes along. As an exchange student coming from a different background compared to everyone else, I know there is a lot I can contribute to. I began to think about what that is, and what is appropriate within the context of the discussion in my daily life.

 

③Bonds can become stronger despite the distance

I experience something new every day. Life here is completely different from life in Japan, but even with all these craziness that goes on, the friendships I had prior to the exchange program remains very special. Even though we are thousands of miles apart, or even in different countries in different time zones, we contact each other every day from the smallest things to our fears. Distance really does not matter. In fact, our bonds become stronger. Not only has this exchange program allowed me to create a bigger connection, but it has also allowed me to create a stronger relationship with those who are sharing the same experience at the same time with me; just in different places.

 

From my time being here, I have come to realize the importance of relationship and hope to make those relationships even stronger. I have had the time to know more about myself and plan on giving back to those who have helped me in addition to paying forward.