日米協会からのお知らせ

AJSインターン生 留学体験記④ 小林沙衣

たかが一年、されど一年。人生を鮮やかに染め上げてくれた一年がここにありました。

 

こんにちは!慶應義塾大学法学部法律学科からカリフォルニア大学バークレー校(以下UCB)に交換留学をしている日米協会インターンの小林です。私は、ビジネスを規制促進する法制度を学ぶ期待(とアメリカ留学という言葉への淡い憧れ)を胸に日本を旅立ち、秋学期はUCBのメインキャンパスで、春学期はUC Berkeley Washington ProgramというUCBの学内プログラムに参加しワシントンDCで過ごし、人生で欠かすことのできない最高の一年を過ごしています。(残り2か月程度になってしまいました。。。寂しい。)

4500km離れた全く異なるふたつの留学生活から私が得たことを中心にまとめ、留学体験記とさせていただきます。

 

人に包まれる幸せ~秋学期バークレーでの生活~

UCBといえば世界トップの公立大学!さぞかしたくさん勉強するのだろうと思っていたら…やはり課題は多かったです笑 しかしながらそんな生活を人生で最高のものにしてくれたのはバークレーの「人びと」でした。私は、法と経済・経済人類学の授業を中心にビジネススクールや研究助手の授業をとり、課外活動として競技ダンス部と国際寮のプログラムアシスタントを務めていました。優しく厳しく助手として指導してくださった先生、ダンスなど生まれてこの方ほとんどやったことのない私と新人戦で5位をとってくれたパートナー、国際寮の一大イベントでMCを務めさせていただいた際にたくさんのアイデアとアドバイスで支えてくれたプログラムアシスタントの仲間、ただ隣で頑張って勉強する姿を見るだけでやる気をもらっていた寮のスタディメイト、試験用マークシートが持参だと知らぬまま試験に行った私(マークシートを英語でスカントロンということを知らなかった!)を救ってくれたプロジェクトメイトなどなど。

今まで、できるならばひとりで行うことが効率的で、自分ががんばっていれば人はついてきて、社会学的にいうなればSocial StructureではなくAgencyで私はここまで来たと思っていました。しかしこの半年間を通して、いろいろな人に協力していただき常に誰かと共にいるという濃厚な寮生活を体験し、人との関係性の中で自分が成長してきて、そのような成長を一緒に育んでくれる人びとがいたという大切な事実に気づかされました。

 

チャンスに包まれる幸せ~春学期ワシントンDCでの生活~

政治とネットワーキングの街、ワシントンDC!に到着した日は-13度という極寒でした笑 しかしながらそんな生活を人生で最高のものにしてくれたのはDCの「チャンス」でした。私は、国際時事やアメリカ外交政策の授業を履修し、在米大使館経済班及びUS-Asia Instituteでインターンをしています。DCでは、議会や各国大使館でのレセプションを通して、世界最大規模のシンクタンでのイベントを通して、インターンを通して、常に専門家の方々の目を通した米国政治経済や国際関係の最前線に触れるチャンスがあり、日々目まぐるしく動いていく情勢を追いかけるには世界で一番の場所だと胸を張って言えます。例えば世界銀行で実際にアニュアルレポートを執筆したアナリストの方から少人数で解説をいただいたり、レジェンドと呼ばれるリベラル派最高裁判事のレクチャーを聴講したり、授業の一環で議会の委員会聴講に行ったり、議会図書館リサーチ部の専門家と国際貿易に関する議論をしたり。

なによりも、この半年間に、日本の大学で学んできた独占禁止法やWTO・ビジネスを規制促進する法制度という漠然とした興味を昇華させ、私が今後社会と関わっていくうえで大切にしたい「通商政策」というトピックと出会うことができました。どのようなアプローチを選択するかは模索中ではありますが、DCでは毎日ニュースが絶えず企業から国家までも巻き込んで「貿易戦争」とも呼ばれるほど熱いトピックの通商政策に人生として関わりたいと、DCの生活を通して考えるようになりました。

 

最後になりましたが、留学そして今での人生の中で私を様々な形で支えてくださった皆様そしてこのような場をくださった日米協会に心からの感謝をこめて。

 

Hello! My name is Sae Kobayashi and I am an intern of America Japan Society. While I am based at Keio University in Tokyo, I have been studying since May 2017 at University of California, Berkeley, where I have taken classes concerning economy and laws designed to promote and regulate international business. As part of the UC Berkeley Washington Program, I have been located in Washington, taking political science courses run out of UC Berkeley since January.

 

Meaning to be with people -Life in Berkeley-

At UCB, the world’s top public university in the world, I was always faced with a lot of assignments as I expected. I took “Law and Economics”, “Economic Anthropology” and the class taught out of Business School. I also conducted research under the professor of Political Science. As extracurricular activities, I participated in the ballroom club and served as Program Assistant at International House, where 800 students from more than 70 countries live. Of course, I really enjoy the classes, but what makes the life in Berkeley best was people there. The professor who instructed me in the research, my dance partner (with whom I got the 5th prize in the tournament), my coworkers as Program Assistant (whom supported me as MC during our Global Homecoming event), my study group who encouraged me to pursue study and my classmates who kindly provided me with a scantron when I forgot my own for the exam (I did not know that “mark sheet” in Japanese was “scantron” in English!).

I had been a quite independent person, who believed working alone is the most efficient or people follow me if I continued to make achievements without active voluntary reach-out. Yet my experiences in Berkeley changed this view. Through millions of helps I wanted and received and the unique, rich life in my dormitory, I really recognized how fun to be with others and how they are supporting my growth. (Of course, I still believe that “luck is a matter of preparation for meeting opportunity.)

 

Surrounded by chances -Life in DC-

The day I arrived at DC, the center of politics and networking, was 8.6 degree Celsius. But the opportunities in this city makes it hot. I am taking the course on US foreign policies and international affairs and interning with the Embassy of Japan (Economic Section) and US-Asia Institute. In DC I can be immersed myself in the forefront of the US economy, politics and international relations. I attend receptions in the Congress and Embassies, lectures at world-famous think tanks. DC must be the best place to catch up with the international politics. For example, I attended a seminar held by the writer of the World Bank’s annual reports, joined the lecture by the most famous liberal Supreme Court judge, observed the US committee as a part of the class and had a discussion on international trade with the expert in the Library of Congress.

 

Above all, in this semester, I found what I want to devote my life to: international trade policies, which hugely impacts on every level of the society from individual to nation-states and is one of the most complex topics in the current international context of trade wars. I am still considering which approach I will take, the special life in DC has made my vague interests in laws and politics that promote and regulate business take shape and inspire me to step forward.

 

Finally, I want to thank all related to my studying abroad life and America Japan Society, which gave me the motivation to study abroad and this opportunity to share my story.

 

1

Fall Semester: With coworkers as Program Assistant

 

2

Fall Semester: With teammates of Cal Ballroom Club

 

3

Fall semester: Eating out with my friends

 

4

Spring semester: Work as an intern with Ambassador, his wife and coworkers

in Economic Section in the Embassy of Japan

 

5

Spring Semester: Welcomed in the reception of Building the TOMODACHI

Generation Morgan Stanley Ambassador Program as alumni

 

6

Spring semester: Attend the Korean reception with interns in US-Asia Institute