日米協会からのお知らせ

(締切日変更)米国研究助成プログラム2019 募集要項

一般社団法人 日米協会はアメリカ大使館のご支援を得て「米国研究助成プログラム2019」を実施します。

各大学院で修士及び博士課程の在籍者の若手研究者を対象に、日本における米国研究者の短期米国調査の一部資金を助成します。ご希望の方は下記募集要項を確認し2019年4月25日5月9日(木) までに日米協会宛に下記申請書類を提出願います。審査の上、2019年5月下旬までに結果を直接申請者に連絡します。

*締め切り日を延長しました。(2019年4月18日)

 

-募集要項-

 

【対象者】

日本の各大学院の修士及び博士課程に在籍の個人(日本国籍の方で40歳以下)

 

【助成する研究分野】

米国に関する歴史、経済、経営、文学、文化、哲学、政治、思想、社会、芸術、および日米関係、米国を中心とした国際関係研究など(科学技術は対象となりません。)

 

【助成額】

1件1名に付きUS $ 2,000以内の円貨相当額 (為替相場により受取円貨は変動。)

 

【対象とする経費】

航空運賃、米国国内旅費、米国国内滞在費及び研究費の一部

 

【その他の条件】

①米国滞在期間は往復渡航期間を含まず実質10日間程度のこと。

②助成を受けた米国での研究は2019年7月1日(月)~ 10月1日(火)までに完了のこと。

③研究分野の米国における調査・研究という点において、目的を同じくする他の奨学金を受給していないこと。

④帰国後の提出物と提出期限について:

a)米国での研究成果とこのプログラムの実行内容をA4版1枚程度に纏めて報告していただきます。

(英語と日本語両方、様式自由)

  1. b) 発生した経費の領収書(A4用紙に貼付またはPDF)を経費報告書とともに帰国後提出していただきます。

a),b) とも2019年11月1日までに提出願います。

⑤この助成金は合計2回の受給を限度とします。

⑥往復の航空便は米国の航空会社便を使用すること。(共同運航便は米系航空会社で航空券を購入すること。)

⑦受賞者の内、2019年10月4日(金)に東京で開催する「アメリカ研究者の集い2019」に参加して研究成果を

発表していただきます。旅費の一部補助あり。2019年に参加できない場合は、2020年に必ずご参加ください。

⑧「アメリカ研究者の集い」に参加されない方は奨学金を返却頂く場合があります。

⑨助成金受給者は合格決定後1年間、東京の一般社団法人日米協会のプログラムに会員同等の資格で参加することができます。

 

【申請の方法】

米国研究助成プログラム申請フォーム→こちらよりダウンロードしてください。

学生証のコピー

申請者と研究テーマに関する担当教授の推薦状(英語、日本語いずれか)

前年度の成績表(学部もしくは修士課程)のコピー

 

以上を期限までに一般社団法人 日米協会宛に郵送、FAXまたはEメールでご提出ください。

 

 

【申込み受付期限】

2019年5月9日(木)(当日消印有効)

 

【申請書類送付先】

〒107-0052 東京都港区赤坂1-11-28 M-City赤坂一丁目ビル8階

一般社団法人 日米協会 米国研究助成プログラム担当 宛

 

【お問い合わせ先】

Tel: 03-3588-6344  Fax:  03-3588-6355  E-mail: info@ajstokyo.org

 

【結果発表】

書類選考及び必要によりインタビュー(電話もしくは面談)の上、2019年5月下旬までに申請者各自に直接連絡します。

 

以上