日米協会からのお知らせ

藤崎会長から会員、連合会会員各位へのメッセージ(大阪報告)

全国の日米協会の皆様
日米協会の皆様

 益々ご清栄のことと拝察します。

先週に続き、出張しました。大阪日米協会のご好意で8月2日夕、会合を開いて頂きました。大阪日米協会から鳥井前会長、黒田新会長、バート副会長ら、和歌山日米協会の樫畑会長ほかに出席頂きました。はじめはオープンしたばかりのグランフロント大阪のナレッジサロンというところに集まりました。産官学の協力でできた一種のインキュベーター、意見交換の場とのことでアメリカン・スタイルの新しい場でした。この中の会議室で私から国際情勢のとらえ方についてお話しさせて頂きました。「ホワイトボードを使いたい」と言ったら、「壁全体がそうなっています」といわれたのにはビックリしました。さすがに新しい発想ですね。

そのあととなりのインターコンチでの夕食会の席上、お互いの協会がどんな組織で、どんな行事をしているか情報交換、意見交換をしました。東京と同じく若い人たちを入れていくのが課題とのことでした。大阪協会では公園でバーベキュー大会をやり若い人たちを招くといったことをされているのはいいアイデアだと感心しました 。

就任後一ヶ月ですが、この間に九州、関西の日米協会の幹部の方々とお会いできたのは、大変有意義でした。お集まりいただいた各協会の幹部に厚く御礼申し上げます。

今後とも講演などで各地に伺う機会があれば日米協会の方々とお会いできればと思っています。

まだ暑い日々が続きます。皆様、ご自愛くださるよう祈りあげます。

日米協会、全国日米協会連合会会長
藤崎一郎