日米協会からのお知らせ

【インターン紹介5】慶應義塾大学・山田紘己さん

【名前/Name】
山田紘己
Hiroki Yamada

【所属/ Affiliation】
慶應大学4年商学部、コロラド大学ボルダー校ビジネス学部
Keio University, faculty of Business and Commerce / University of Colorado at Boulder, Leeds Business

 

【自己紹介/ Self-introduction】
会員の皆様、どうもはじめまして。
2014年5月よりインターン生として当協会に参加させていただくこととなりました。卒業まで半年と少しですが、日米協会の発展に精一杯協力して参りたいと思います。

 
私な小さい頃からアメリカ文化が好きでトムとジェリーなど毎日見てました。一方で、グローバル時代と言われるようになり社会が留学を後押しするようになったお陰で、遂に大学3年の冬よりコロラド大学ボルダー校へ留学することが決まりました。現地での経験から、多様な文化の重要性を感じ、留学直後よりコロラド日米協会でインターンをすることにしました。そこでの上司から東京の日米協会を紹介いただいたのが、当協会にたどり着いた経緯です。

 
今まで、ハッピーアワーの企画や、Facebookでの広報(ほんの少し)等を担当してきましたが、凄くポジティブで多様なインターン生達と日米関係のエキスパート達に囲まれて働けることにとてもやりがいを感じています。
今後も、当協会がよりアクティブになるよう貢献していきたいと思います。そして、日米関係の発展を通じ、日本が多様性に富んだ国になれば良いなと思っています。

Hi everyone,
I’m Hiroki Yanada. I cane gere in May of 2014 and became a bew intern of AJS. Although I have only about six months to graduate, I’ll try my best to contribute to the growth of US-Japan relationship.
When I was a child, I was already interested in American culture and people. I used to watch “Tom and Jerry” or “Popeye The Sailorman” everyday. As I grew up, Japan was becoming more and more interbatiinalized to make it easier fir me to study abroad, and finally I made it to the United States.

 
During my stay in Colorado, I found the importance if the diverse community which includes individuals from a rabge of ethnic, regional, cultural, and religious background.

 
I came to know about AJS when I was working for JASC(Japan America Society of Colorado). As I deeply agreed on Mr. Fujisaki’s idea that Japan need to have more points of connection between America and other countries, I decided to join AJS.

 
I’ve been in charge of HappyHour event and a part of PR with Facebook so far- and now I’m very grateful to work with positive-minded interns from various background and with maby experts of US-Japan relationship.
I hope AJS to be more active and Japan to be richer in diversity in the end.
Thank you.